地方アラフォーOL今日もこじらせてます

アラフォーからアラウンド45へ突進中! 婚活記録、日常を綴っています。

バツイチさんから「アナタは第2希望」と言われてしまう~40代対象の婚活パーティーvol.5

スポンサーリンク

 

婚活パーティーが終わり、バツイチさんと外にでたのですが、とりあえずお話ししましょうということになりました。

天気のいい日だったので、近くにあるオープンカフェへ徒歩にて移動。

(田舎なので、車必須。駐車料金の負担にならない範囲であればというお話しをしたうえです。)

そういう気づかい…ありがたい。

金銭感覚が合っててよかった。

 

www.naturalmariko.work

 




カフェでのやりとり

カフェに入って、席につきました。

そしてバツイチさんから言われたひとこと。

 

「実はあなたは第二希望だったんですよ」

 

なんだか突き放されたような気持ちになってしまいました。

 

私はこのバツイチさんと「合わない」なと思ってはいましたが…。

先手を打たれた気分です。

 

とりあえず、私は正直に

「私はアナタを第一希望にしたんですよ!」と明るく返しました。

でも表情は引きつっていたかもしれません…。



二人でお茶をしながら、お互いの恋愛のことやバツイチさんは前の奥様のことを話しました。

 

バツイチさんはコミュニケーション能力があるので、

ストレスなく言葉のキャッチボールができます。



でもでもでもでも!

私はやはりバツイチというところが引っかかっていました。

 

例えば、今までの女性遍歴が50人いる人と、1人の女性と付き合って結婚して離婚してしまった人がいるとします。

どっちを選ぶか?

と選択を迫られたら、私は前者を選びます…。

賛否あるかと思いますが、後者は重いのです。

こんな思考回路の私だから、縁遠いんだろうなぁ…。



バツイチさんとは他愛ないお話しをしていきましたが、

内容をほとんど覚えていません。

お互い違うなと思ってたんだと思います。



一応、LINEの交換はしましたが、

結局、このバツイチさんとは、それっきりとなってしまいました…。




婚活疲れが出てしまう…

 

この頃、私には婚活疲れが来ていました。

出会いたくても出会えないという状況にうんざりしていました。

 

(もっと早く婚活をしていれば…とは思っていません。)



他にもいくつか婚活パーティーに参加し、何人かの男性とお話しをする機会がありました。

それでもピンと来る男性はいませんでした。

そもそも結婚に興味のない私が、婚活をするということに無理があるんだろうな…としか思えませんでした。

 

疲れを感じていたので、これで最後…と思って参加した婚活パーティーで、

なんと今の彼と出会いました!

 

<つづきます>