地方アラフォーOL今日もこじらせてます

アラフォーからアラウンド45へ突進中! 婚活記録、日常を綴っています。

恋に落ちる必要はあるのだろうか? 条件も関係はあるのだろうか?

スポンサーリンク

私は一目ぼれをしないタイプで、瞬殺と呼べるほどの恋に落ちるという経験はありません。

だんだん「あぁ好きだなー」と考証を重ねて、徐々に思い込んでいくタイプです。

 

人それぞれの感度の差なんだろうと、私は思っています。

 

昔、テレビでジェットコースターに初対面の男性と一緒に乗ったら、恋に落ちるか?どうか?という実験をやっていました。

なんでも、恋に落ちるドキドキと、ジェットコースターに乗るドキドキは同じなんだそうです。

テレビの中の女性は最後「好きになったかもしれません」とハニカミながら言っていました。

(私の記憶でお話ししています。この情報は裏付けをとっていません。あしからず)



人を好きになるっていうのは、この程度のことなんだなぁと思ってしまうわけです。

 

なので、婚活においてお相手探しは、ズバリ「条件」なんじゃないかと強く強く思います。

お互いの条件が合致する…そーんなこともなかったわけですが。

 

婚活は本当に難しい…。




f:id:sohappynatural:20190224180036j:plain



50歳の未婚割合の推移のグラフをみていると、そのうち私もこの中に含まれてしまうのか…な?

 

それにしても、昔の未婚率は低すぎる!

1970年で男性1.7%、女性3.3%。

当時の50歳と今の50歳は雲泥の差はありますけど、まあスゴイことです。

1920年生まれつまり戦前生まれってことだから、いい年齢になれば「はい結婚」という時代ですね。

 

団塊世代にあたるであろう2000年時点で、男性12.6%、女性5.8%かぁ。

私の両親を見ていると、ぜんぜんタイプの違う2人が一緒になったって感じです。

母は、完全に父に永久就職したんだろうなと思わせる暮らしぶりでした。

(今は別れていますが。)

 

お相手探しって、本当になんなのだろう…。

考えれば考えるほど、疲れてしまいます。